日本のトラック車体用部品、トラック用品、カー用品の販売をリードする。

沿革

昭和21年4月
創業者 小林弘が自動車ボデー材料の販売を目的に、
小林商店を創業。
創業
昭和24年12月卸売業者としての形態を整え、社業発展の基礎確立のため、
株式会社小林商店に組織を変更。
昭和42年3月商品管理センターを完成。点在した倉庫を本社隣接地に集約。
昭和46年10月下福島倉庫を新設。物流サービス体制を強化。
昭和47年10月日本ボデーパーツ工業株式会社と社名を改称。
昭和48年5月新本社ビル(小林ビル)を竣工。名実ともに経営の近代化をはかる。
昭和52年4月東京支社(横浜市)を開設。
昭和62年4月北関東支店(群馬県)を開設。
平成2年5月西日本支社(福岡県)を開設。
平成5年9月北関東地区販売強化のための北関東支店物流センター増設。
平成10年4月東京支社事務所棟及び倉庫棟及び倉庫棟新増築。
平成12年6月北海道地区の販売体制強化のため、北海道支店(石狩市)を開設。
平成15年2月本社エリアの販売体制強化のため、神戸市北区神戸リサーチパーク赤松台に
本社ボデー事業部を移転。
平成18年8月本社ボデー事業部(神戸) ISO9001 認証取得。
平成20年8月本社、西日本支社 ISO9001認証取得。
平成21年8月全事業所でISO9001 認証取得。
平成24年5月東海地区の販売体制強化のため、子会社:中部ボデーパーツ工業(株)と合併し、
中部支店(土岐市)を開設。
  • 会社情報
  • 社長メッセージ
  • 経営理念
  • 会社概要
  • 沿革
  • 品質・環境方針
  • 支社・支店

PAGETOP